友達の存在がやる気につながる

あまり勉強が好きではなく、自主的に勉強をすることがない子供の場合は、友達の存在がやる気に繋がる場合があります。そうした子供の場合、周囲に誰一人として知り合いがいない塾に通うよりも、仲の良い友達のいる塾に一緒に通わせたほうが勉強の効果を高められます。友達と一緒に塾に通うことも楽しみの一つになり、また、机を並べて勉強することで刺激になるかもしれませんね。また、友達が積極的に発言をして、成績を伸ばしている姿を目にすることで、自分もやってみようという気持ちになる事が多いです。あまり勉強熱心ではなく、自分から机に向かうことがないタイプの子供であれば、親しい友だちの通う学習塾に入れてみるのも良いでしょう。

わからないところは一緒に復習できる

一人で勉強をしていてわからないところがあると、そこで勉強するのをやめてしまったり、飽きて別のことをやり始めてしまう傾向が子供には見られます。ところが、仲良しの友達と一緒に学習塾に通うことで、わからないところを教え合ったり、一緒に勉強会を開くなどの発展的な学習効果を期待することができます。一人で黙々と机に向かうタイプの子供でないのならば、友達の存在が勉強のきっかけになるということも少なくありません。逆に、友達がわからないところを教えてあげることになれば、それは、勉強に対する自信となって子供の学力向上に結びつきます。このように、友達の存在が勉強を頑張る理由となり、切磋琢磨しながら一緒に勉強をするきっかけになることがあります。